precision-spline-gauge精密スプラインゲージの提案事例

精密セレーション・スプラインゲージの提案・設計・製作は、ファムがもっとも得意とする分野です。過去にDIN(ドイツ工業規格)という未知の分野を製作し、納品した実績があります。

ゲージ & 治具提案事例CASE STUDY #2

PROPOSED CASE GENRE精密スプラインゲージ

DIN(ドイツ工業規格)スプラインゲージの製作依頼

ホームページのお客様からの相談内容

「現在弊社で使用しているスプラインゲージはドイツのメーカーに製作を依頼しているのですが、たいへんリードタイムが長く、また校正などの対応にも時間がかかり、非常に手間がかかっています。国内で弊社のスプラインゲージを製作していただけるゲージメーカーを探しているのですが、ご相談願えないでしょうか。」

というご連絡をいただきました。

検査対象のスプライン形状をドイツメーカーに製作依頼すると、リードタイムが長く、厚生などの対応にも時間がかかり、非常に手間

ファムは未知の物事にも力を発揮します。

上記の内容について詳しくお話を伺ったところ、「スプラインゲージの規格はDIN(ドイツ工業規格)で、製作メーカーにすべて任せていたため、ゲージ図面等がない。またDIN規格の事は詳しくない。」とのことでした。

弊社はこの相談を受け、ゲージ製作をするための前段階として、我々には未知であったドイツ語の翻訳と、DIN規格を学び、工業用スプラインの使用方法と、それを検証するためのスプラインゲージについて学ぶことから始めました。

テスト加工の段階に入ってからは、非常に厳しい公差に苦しみながらも、様々なノウハウを身につけました。

またスプライン形状を正確に加工できているのか、検証値が正しいのかを確認のためパートナーである測定機器メーカー、ミツトヨ様にもゲージを持ち込み、検証をお願いし確証を得ました。

製作するにあたり未知の分野を勉強、テスト加工で様々なノウハウを身につける、世界が認めるミツトヨ様の検証でお墨付きをもらう

今までにない画期的な精密スプラインゲージでお客様も大満足!

弊社が問題なくDIN規格のスプラインゲージを製作できることをお客様にお伝えしたところ正式にご発注いただき、製品と規格に沿った成績書を納品し、お客様に大変喜んでいただきました。

納品に至るまでにはたくさんの困難がありましたが、今日、株式会社ファムは、セレーション・スプラインゲージの製作をもっとも得意としております。

今後もお客様からの依頼を前向きに検討し、成長し続ける企業でありたいと考えています。

ゲージでコストを大幅削減、素早く合否判定が出せる、対応力とスピードに自信のあるファムが今後も製作したゲージをアフターフォロー

CONTACTお問い合わせ

工程内検査・中間検査の時間短縮、コスト削減、外注管理・品質向上をご提案

特注ゲージの導入で検査の質を上げ、工程の無駄を省き、生産体制を改善する方法をご提案させて頂きます。