SHAPE / DEPTH形状深さ同時測定器

ミツトヨ製インジケータを使用しての、形状深さ同時測定器です。先端のゲージ形状は、お客様に合わせた多種多様なバリエーションで製作可能です。

形状深さ測定器

形状の検査

測定器の先端に取り付けられたゲージによって、検査対象物の輪郭形状全体を一度に検査することが可能になります。検査測定に時間をとられたり、不良の発覚が遅れると、製造ラインの稼働に影響があり生産性が下がります。

ゲージ検査のメリット

後工程での不良発覚を防ぎ、品質維持を可能にします。

深さの測定

先端に付けたゲージが何mm挿入できるのか?を数値で測定することが可能です。ノギスや顕微鏡、マイクロメータといった一般的な測定器で測るには困難な形状であっても、早くて正確な測定が可能です。

ゲージを使っての深さ検査のメリット

深さを含めた輪郭形状全体で検査することができます。

まとめ

形状深さ測定器

(株)ファムの形状深さ同時測定器は、ゲージでの形状検査・深さを数値で測定を同時に行うことが出来ます。これにより、検査の効率アップと正確な測定によって生産性向上が見込めます。

ご希望の先端形状をご指示いただければ、規格に適した先端形状を取り付けた測定器を製作し、納品いたします。形状はヘキサロビュラ、六角、その他特注で複雑な形状でも可能です。
ゲージメーカーならではの独自の技術により高精度と短納期を実現いたします。

画像はトルクスねじのヘキサロ形状(JIS B 1015:2008)と深さを同時に検査できる測定器です。

納入先企業様一覧(順不同)

  • 帝人ナカシマメディカル 株式会社 様
  • 株式会社 トープラ 様
  • 能瀬精工 株式会社 様

他20社様 以上

校正・定期メンテナンスについて

    製品お問い合わせフォーム

    製品のお問い合わせをご希望の方は、下記の入力フォームに必要事項のご記入の上、『送信』ボタンをクリックしてください。

    商品タイプ

    商品名称

    板厚必須

    mm

    穴径必須

    穴の寸法公差は最小で0.004mmとさせていただいております。

    • 穴1 Φ
    • 穴2 Φ
    • 穴3 Φ
    • 穴4 Φ
    • 穴5 Φ
    • 穴6 Φ
    • 穴7 Φ
    • 穴8 Φ
    • 穴9 Φ
    • 穴10 Φ
    • 穴11 Φ
    • 穴12 Φ
    • 穴13 Φ
    • 穴14 Φ
    • 穴15 Φ
    • 穴16 Φ
    • 穴17 Φ
    • 穴18 Φ
    • 穴19 Φ
    • 穴20 Φ

    希望数量必須

    D寸法必須

    mm

    通寸法必須

     通側公差

    止寸法必須

     止側公差

    測定範囲(φ)必須

    φ~φ

    測定範囲(C)必須

    C~C

    通り側寸法D1必須

    mm

    止り側寸法D2必須

    mm

    歯車諸元表必須

    Browse

    インボリュートスプラインゲージをお求めの場合は、添付ファイルにて歯車諸元表(JPEG・PNG・GIF・PDF)を添付してください。

    必要なゲージ必須

    止まり側のゲージ

    通り側寸法必須

    W1:+0.008-0

    D1:+0.008-0

    R1 = D1 / 2

    止り側寸法必須

    W2:+0-0.008

    D2:+0-0.008

    R2 = D2 / 2

    添付ファイル必須

    Browse

    お求めの場合は、添付ファイルにて測定する形状の資料(JPEG・PNG・GIF・PDF)を添付してください。

    添付ファイル

    Browse

    お求めの場合は、添付ファイルにて測定する形状の資料(JPEG・PNG・GIF・PDF)を添付してください。

    貴社名必須

    お名前必須

    ふりがな必須

    所在地必須

    電話番号必須

    --

    メールアドレス必須

    備考欄

    個人情報保護方針をご確認の上、「同意する」にチェックしてください。

    REQUEST資料請求

    カタログやチラシ、お悩み解決事例集を資料請求できます

    製品に関するカタログやチラシ、検査時の際にあるお悩みの解決事例をご紹介している小冊子を
    資料請求フォームからダウンロードすることができます。

    資料請求をする

    CONTACTお問い合わせ

    工程内検査・中間検査の時間短縮、コスト削減、外注管理・品質向上をご提案

    特注ゲージの導入で検査の質を上げ、工程の無駄を省き、生産体制を改善する方法をご提案させて頂きます。