PRODUCT INFO標準品「長穴栓ゲージ」のご紹介

ファムが製作した標準品「長穴栓ゲージ」をご紹介いたします。標準のご購入を希望される方は、製品お問い合わせフォームからご購入をお願いいたします。

標準品「長穴栓ゲージ」

標準品「長穴栓ゲージ」のご紹介

「現在、⻑⽳の中間検査をノギスまたは、顕微鏡で⾏っている。」→しかし!ノギスでは測定精度にばらつきがでてしまい、顕微鏡では時間がかかりすぎている。そしてこの測定⽅法では平⾯上しか測定できない。

長穴栓ゲージを使えば!

今まで苦労して検査していた物が、簡単で早く正確に検査できるようになり、効率が上がります。

標準品「長穴栓ゲージ」の特徴

  1. 長穴栓ゲージは、長穴形状が正しく機械加工されているかを検査するゲージです。
    通り側(青の取手)と止り側(赤の取手)があり、もし止り側のゲージが入った場合、規格よりも形状が大き過ぎることになるので不合格品となります。
    止まり側が入らないで、通り側のゲージが入れば合格品となります。
    もし通り側のゲージも入らなければ形状が小さすぎることになるので不合格品となります。
    長穴栓ゲージは最終検査や受け入れ検査だけではなく、現場作業での検査にも大きな助けになります。
  2. 長穴栓ゲージで検査する際、側面方向や回転方向に高い負荷を加えることはゲージ破損の原因となります。
  3. ゲージの校正承っております。
  4. 納品の際には0.001mm単位の測定表を添付致します。
    また、ご希望により測定機器の校正証明書を添付致します。(別途費用)
  5. 納期:受注後実働22日(応相談)
  6. その他のサイズ・特注形状も対応可能です。お気軽にご相談ください。

材質

SKD-11HRC 55 以上

校正・定期メンテナンスについて

    製品お問い合わせフォーム

    製品のお問い合わせをご希望の方は、下記の入力フォームに必要事項のご記入の上、『送信』ボタンをクリックしてください。

    商品タイプ

    商品名称

    板厚必須

    mm

    穴径必須

    穴の寸法公差は最小で0.004mmとさせていただいております。

    • 穴1 Φ
    • 穴2 Φ
    • 穴3 Φ
    • 穴4 Φ
    • 穴5 Φ
    • 穴6 Φ
    • 穴7 Φ
    • 穴8 Φ
    • 穴9 Φ
    • 穴10 Φ
    • 穴11 Φ
    • 穴12 Φ
    • 穴13 Φ
    • 穴14 Φ
    • 穴15 Φ
    • 穴16 Φ
    • 穴17 Φ
    • 穴18 Φ
    • 穴19 Φ
    • 穴20 Φ

    希望数量必須

    D寸法必須

    mm

    通寸法必須

     通側公差

    止寸法必須

     止側公差

    測定範囲(φ)必須

    φ~φ

    測定範囲(C)必須

    C~C

    通り側寸法D1必須

    mm

    止り側寸法D2必須

    mm

    歯車諸元表必須

    Browse

    インボリュートスプラインゲージをお求めの場合は、添付ファイルにて歯車諸元表(JPEG・PNG・GIF・PDF)を添付してください。

    必要なゲージ必須

    止まり側のゲージ

    通り側寸法必須

    W1:+0.008-0

    D1:+0.008-0

    R1 = D1 / 2

    止り側寸法必須

    W2:+0-0.008

    D2:+0-0.008

    R2 = D2 / 2

    添付ファイル必須

    Browse

    お求めの場合は、添付ファイルにて測定する形状の資料(JPEG・PNG・GIF・PDF)を添付してください。

    添付ファイル

    Browse

    お求めの場合は、添付ファイルにて測定する形状の資料(JPEG・PNG・GIF・PDF)を添付してください。

    貴社名必須

    お名前必須

    ふりがな必須

    所在地必須

    電話番号必須

    --

    メールアドレス必須

    備考欄

    個人情報保護方針をご確認の上、「同意する」にチェックしてください。

    REQUEST資料請求

    製品カタログや小冊子などのPDFをダウンロードできます

    資料請求をする

    CONTACTお問い合わせ

    工程内検査・中間検査の時間短縮、コスト削減、外注管理・品質向上をご提案

    特注ゲージの導入で検査の質を上げ、工程の無駄を省き、生産体制を改善する方法をご提案させて頂きます。