production-serration高精度セレーションゲージ製作実績の提案事例

ゲージ & 治具提案事例CASE STUDY #5

PROPOSED CASE GENRE高精度セレーションゲージ製作実績

ワイヤーカットによる、高精度セレーションゲージの実現

ワイヤーカットでパンチ形状を加工する場合、どうしても製品を保持するための「へそ」と呼ばれる部分を残す必要があります。製品を切り落とした後、この「へそ」をどう処理するかが弊社の長年の悩みでした。

特にセレーション・スプライン形状は、すでに仕上がった形状に次の加工をぴったりと合わせないといけないので、角度の調整や中心出しをほんの少しもずらせられない難しい加工でした。

高精度セレーションゲージの製作事例

そこで、㈱ファムでは「ワイヤーカットでへその残さずに加工する方法」を考案しました。この技術を使えば、全周を一度に加工することが可能なので上記の不安要素を解消し、輪郭度0.003の高精度セレーション・スプライン加工を実現することができるようになりました。

高精度セレーションゲージ加工の事例です。ゲージメーカー(株)ファムは、セレーションゲージ・スプラインゲージ加工をもっとも得意としています。

株式会社ファムは独自の技術でお客様に安心と満足を与えます。弊社の技術をお客様に知って喜んでもらえるように、これからも固定観念にとらわれずに新たな工法を編み出していきたいと考えております。

REQUEST資料請求

【検査測定】お悩み解決事例集(PDF版)をプレゼント

(株)ファムがこれまで解決してきた事例を掲載した小冊子をホームページから応募いただいた方に限り無料でプレゼントいたします。

資料請求をする

CONTACTお問い合わせ

工程内検査・中間検査の時間短縮、コスト削減、外注管理・品質向上をご提案

特注ゲージの導入で検査の質を上げ、工程の無駄を省き、生産体制を改善する方法をご提案させて頂きます。