technical技術ニュース

実際にあった事例をもとに、ゲージや治具に関する技術情報を発信していきます。各工程内検査や測定での大幅なコストダウンや時間短縮の事例が掲載されています。

技術ニュース

幾何公差測定用治具設計事例

はじめまして、(株)ファム設計部門の太田と申します。
日頃から(株)ファムゲージ技術ニュースをご覧いただきありがとうございます。
今回の技術ニュースはお客様からの案件に基づき
(株)ファムにて設計を行った幾何公差測定用治具のご紹介をさせて頂きます。

<<お客様からの相談内容>>

「製品の直角度を簡易に確認できるような治具を探しています。 添付図面内の幾何公差が規格内に入っているかの判定を工程内で全数検査を行う必要があります。 生産数は200個/day程度のボリュームです。 可能であれば、ご検討お願いします。」というご依頼を頂きました。

<<(株)ファムの対応>>

上記相談内容に対し、直角度の検査を工程内で可能にする事。
一日200個のボリュームの検査を可能にすることを考慮した左図のような治具を考えました。
詳しくはご説明できませんが、マスターブロックとの比較検証を行うことにより、
従来の測定器での検証が1つ3分要していた所を 検証時間1つ10秒以内での検査を可能にしました。
お客様には大変喜んでいただきました。

直角度測定治具

(株)ファムでは、お客様の相談内容に合ったご提案を第一に考えお客様に満足頂ける、ゲージ治具の設計・製作を行っております。

REQUEST資料請求

カタログやチラシ、お悩み解決事例集を資料請求できます

製品に関するカタログやチラシ、検査時の際にあるお悩みの解決事例をご紹介している小冊子を
資料請求フォームからダウンロードすることができます。

資料請求をする

CONTACTお問い合わせ

工程内検査・中間検査の時間短縮、コスト削減、外注管理・品質向上をご提案

特注ゲージの導入で検査の質を上げ、工程の無駄を省き、生産体制を改善する方法をご提案させて頂きます。