What's GAUGEゲージとは?

このページでは、一般的に市販されております『ピンゲージ』や『ネジゲージ』以外の、株式会社ファムが得意としております『特注ゲージ』のご紹介をさせていただきます。

特注ゲージとは

ノギスや測定機器の場合、目盛りの誤読や習熟度によって検査値がばらつく

ものづくりにおける工程内検査・中間検査において、一般的に各ワークの測定は様々な測定機器を用いて行われています。

しかし、測定機器を用いてワーク精度の検査を行う場合、検査作業者の習熟度や技術の差などによって作業スピードや検査の値にばらつきが生じ、不具合が発生する場合があります。

また、作業ラインから測定室へワークを運ぶなど、環境にも大きな制限を受けるため、最適な中間検査を実現するためには、その場で寸法を確認する測定器か、ワークに沿わせて形状や精度を検査する『特注ゲージ』を用いることが効果的です。

測定器の場合、目盛りの範囲で幅広く測定できる反面、目盛りの誤読や習熟度によって測定を誤る可能性があります。

特注検査ゲージの場合、差し込むだけで製品の検査や合否の判定ができる

『特注ゲージ』による検査は、作業者による技量の差が出にくく扱いも容易であること、形状や寸法が決まっている分だれでも簡単で早く正確に、製品の検査や合否の判定ができることが特長です。測定が容易である一方、測定範囲が限られるデメリットもあります。

その他、『特注ゲージ』は社内現場での検査はもちろん、持ち運び可能なので協力会社への持ち込み検査や、測定機器などに比べ低コストというメリットを生かし、協力会社の品質管理にも使用されています。

主な特注ゲージの測定方法と種類

  • スプライン・セレーションゲージ
    スプライン・セレーションゲージ

    スプライン・セレーション形状を検査するための特注ゲージ。ゲージをはめるだけで形状全体を一度に検査できるゲージ。

    詳しくはこちら

  • 輪郭形状確認ゲージ
    輪郭形状確認ゲージ

    製品の形状に合わせ、通止め形状のゲージを製作し、合否判定を行うゲージ。

    詳しくはこちら

  • 高さゲージ
    高さゲージ

    品物の高さを検査するためのゲージ。ゲージを使用するだけで品物の高さを検査できる。

    詳しくはこちら

  • 穴位置確認ゲージ
    穴位置確認ゲージ

    穴と穴の距離などを検査するためのゲージ。穴径も同時に検査することができる。

    詳しくはこちら

  • 角度ゲージ
    角度ゲージ

    角度を検査するためのゲージ。ゲージを使用するだけで角度を検査できる。

    詳しくはこちら

  • 複合ゲージ
    複合ゲージ

    製品の形体、穴位置など総合的に製品検査が可能なゲージ。

    詳しくはこちら

  • 幅確認ゲージ
    幅確認ゲージ

    製品の幅、高さなどを同時に検査できるゲージ。

    詳しくはこちら

  • 特殊ピンゲージ
    特殊ピンゲージ

    製品の穴径、同軸、高さなど1度に検査可能な特殊ピンゲージ。

    詳しくはこちら

精密測定ゲージ・特殊測定ゲージ・検査治具などを専門的に取り扱う専門情報サイトへはこちら

CONTACTお問い合わせ

工程内検査・中間検査の時間短縮、コスト削減、外注管理・品質向上をご提案

特注ゲージの導入で検査の質を上げ、工程の無駄を省き、生産体制を改善する方法をご提案させて頂きます。